総務部だより


企画部だより

水彩クラブが、いきいき創作展に出品します。

水彩クラブから企画部に、平成29年度プラチナフェスティバル「いきいき創作展」にクラブ員合同で制作した作品を応募し、展示することになったとの連絡がありました。この創作展は、彩の国いきがい大学の在校生及び卒業生などが、日ごろの創作活動の成果を発表する場とし、埼玉県、埼玉県老人クラブ連合会及びいきいき埼玉が協力して実施するものです。開催期間は、9月29日(金)~10月2日(月)9:30~16:30(但し最終日は正午まで)で、会場はプラザノースです。10月の理事会での情報提供では間に合わないので当HPに掲載させていただきました。合同制作過程の一部が水彩クラブのHPで見ることもできます。よろしかったらご覧ください。また、この情報について班活動やクラブ活動で校友会会員のみなさまと顔を合わせることがありましたら話題としていただけると幸いです。もちろん会場に行っていただけたら一層嬉しい限りです。そして、趣味芸術に取り組んいる同世代の方々の作品をご鑑賞ください。       2017.9.14 企画部(田中)


  企 画 部 会 報 告

913日(火)コムナーレ9階のフリースペースで、部員11名で午前10時から正午まで開催しましたので、内容の一部を報告します。

① 9/30講演会「イスラームのことばと文化を巡って」は、現在48名の申込があります。会場に少し余裕があるため、もしご家族などで参加希望者がいる場合は受け入れることにする。イスラームについての第一人者の先生の貴重な講演会です。枠割分担として、MC、会計、受付、資料準備、水やマグネットなどの小物、記録担当者を決め、当日は1時に集合し、130分から受付ができるようにする。

② 2/9「もの知りしょうゆ館と醤油の街散策」について

1010日の理事会の日までに参加予定数をまとめ、1212日の理事会で昼食代の800円を集める予定。1010日も集金が可能なように準備する。こういった会計業務及び当日の工場集合以降は、クラブ(埼玉ぶらり散歩)が担当し、当日の集まり次第醤油工場への案内は校友会が担当することになる。案内担当者は、大宮911発の電車に乗る。埼玉ぶらり散歩では再度下見を行い、記念写真を撮る場所や昼食時の流れ、野田ガイドの会の方と打合せを行ってくる。なお、昼食にお茶などの飲み物は付かないので、参加者がそれぞれ持参されるよう理事会で説明する予定。

 3/13社会見学

山梨の桔梗屋、サントリー白洲工場、ワイン工場、大村美術館(湯けむりクラブ員や希望者は温泉入浴の選択あり)を見学先とするが、バスは旅行会社丸投げでなく、バス会社を使用することで参加費負担を少なくする予定。実施日程としては、10月の理事会で案内を提示し、参加人数確認は遅くとも11月末日までとして、準備を進める。

④ 新年会(親睦会)

日程を116日(月)に変更予定。納涼会で中止になった会場が平日しか使えないための変更。人数の関係もあるが、できれば会場を貸し切れないか、またそこで軽音楽の鑑賞会もできないかの意見が出て、会場使用の制限について担当者が確認し、実施可能かを検討することにする。

⑤ ホームページ開設後の意見

1 ホームページ開設後の意見として、主催事業と他の団体や会の連絡事項が混在しているので整理してほしい。トップページから新しい情報(更新情報)がすぐ分かるようにできないかとの意見があり、それを踏まえて検討する。

2 (公)いきいき埼玉いきがい大学への当ホームページのリンク貼り付けを依頼する。

⑥ パソコン入門教室等は希望があるが、どうプログラム化し講師を依頼するかの問題があり、今後の検討課題とする。

⑦ 蕨蓮協の来年度特別イベントについては、今年度の決算報告書を部員で検討する。会場確保のこともあり、時期的に真夏の開催にこだわることもないのではないか。費用の問題はあるが、こういう機会でないと本格的はコンサートなどのイベントができないということを踏まえ、実施方向で考えていくが、不可能と判断すれば取りやめることも考える。また、実施するのであれば、実行委員会を組織する必要がある。音楽関係では、オペラなどの意見がでる。

⑧ 1030日に実施される埼玉県主催の彩の国生き生きフェスティバルに、ボランティア参加する「いきいき折り紙クラブ」の情報を報告。       以上   2016.9.18報告

 


 

                   8/22納涼大会の中止について(御報告)

 

久しぶりに関東地域を襲った台風9号のため、8月22日に予定していました「納涼大会」について、当日の9時過ぎに中止と判断して御連絡いたしました。 

この「納涼大会」は、班活動やクラブ活動では普段交流できない人と人が出会える場を提供しようと計画したものです。当初は、ビアガーデンでビールを飲み、ウクレレなどの楽器を聴きながら交流を図る予定でいましたが、会場、人数、経費を考えるとなかなか難しいので、御案内の新都心での暑気払いの親睦会としたのですが、その思いを残し「納涼大会」の名称を使いました。40名ほどの皆さまの参加予定があったのですが、何しろ台風です。担当者のSさんは数日前から心配していました。そして、この会場は土日が休みなので、Sさんは雨の中、当日の開店の8時前に出向きました。責任者は1時間後の9時に出勤ということで、9時にSさんが責任者と話した結果、今回のキャンセル料は結構ですということと、夕方には雨は小降りになるかもしれないけれど、来館途中の安全等を考慮し、中止となった次第です。 

中止になってしまうと、いろいろな方々と歓談できたかもしれず、寂しい気分になりました。座席のくじ引きなどの準備をしていたのですが、この思いは来年17日の新年会に向けていく予定です。以上、御報告いたします。                                    2016.8.23

 

 


広報だより